LINE店舗経理公式ブログ

 非居住者とは、国内に住所を有しない者、又は引き続き1年以上国内に居所を有しない者をいいます。非居住者については、原則として国内源泉所得についてのみ所得税が課税されます。国内源泉所得とは、国内で行う事業、国内にある不動産等の貸付や譲渡による所得、国内での人

 ご存知の通り、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、令和元年分の確定申告における申告・納付期限について、申告所得税・贈与税は、従来の申告期限である令和2年3月16日から、個人事業者の消費税については、令和2年3月31日から、令和2年4月16日まで延長されました

 今回はストック・オプション等ストック・プランの確定申告について取り上げます。まず始めに、ストック・オプションにおける税制適格と税制非適格について解説していきます。 税制適格と税制非適格については、税制非適格が原則的な取扱いですが、税制適格以外が税制非

 不動産を購入した際に、購入代金を土地、建物、建物附属設備に区分する必要が生ずる場合があります。 土地の取得には消費税はかかりませんが、建物及び建物附属設備には消費税がかかり、さらに耐用年数の違いにより減価償却費に差が出るためです。 より早期に償却するこ

 所得税の通達において、建物の貸付けが不動産所得を生ずべき事業として行われているかどうかは、社会通念上事業と称するに至る程度の規模で建物の貸付けを行っているかどうかにより判定すべきであるが、次に掲げる事実のいずれか一に該当する場合又は賃貸料の収入の状況、

はじめに キャッシュレス・ポイント還元制度によりさらに盛り上がるポイント制度ですが、税務上の取り扱いはどのようにしたらよいのでしょうか?ポイントは課税対象になる? 原則として、通常の商取引において、値引きを受けたとしても利益を受けたとは認識しないのと同様

はじめに 平成30年度税制改正において令和2年分からの青色申告特別控除額が55万円に引き下げられますが、電子申告又は電子帳簿保存を行うと65万円控除ができることとなりました。 電子申告は、マイナンバーカード及びマイナンバーカードの読み取りに対応したICカードリーダ

はじめに 全然違うものなのですが、何となくイメージが似ている2つの取引は、どうしてこんなに税務上の取り扱いが違うのでしょうか。そのなぞ解きをすべくこの2つの税務上の取り扱いを比較してみましょう。外国為替証拠金取引(FX)とは? まず、外国為替証拠金取引(FX)

はじめに 太陽光発電の収入は確定申告をしなければいけないのでしょうか?  一口に太陽光発電設備による収入といっても、自宅の太陽光設備の余剰電力の売却収入なのか、所有する賃貸マンションの太陽光設備の分なのか、はたまた法人が土地を買って太陽光設備を設置し単独