テンプレ_決済コラム1_枠線つき

キャッシュレス決済とは

物理的な現金(紙幣・硬貨)を使用せずに、モノやサービスの対価を支払ったり受け取ったりすることを「キャッシュレス」と呼びます。キャッシュレス決済とは「キャッシュレス」における支払い手段を指します。
キャッシュレス決済には昨今様々なサービスが登場していますが、支払いが発生するタイミングによって以下の3種類に分けることができます。

1.プリペイド(前払い)
電子マネー(Suica、Icocaなどの交通系電子マネーや
、nanaco、WAONなど)、プリペイドカード、ギフトカードがこれに該当します。事前にチャージした金額しか使えないため、使い過ぎることがないという特徴があります。

2. リアルタイムペイ(即時払い)
デビットカードやモバイルウォレット(QRコード決済)など、購入したと同時に支払いも完了する方式で、支払いを行った瞬間に銀行口座から代金が引き落とされます。事前チャージが不要であることに加え、残高を確認しながら利用できるメリットがあります。

3. ポストペイ(後払い)
クレジットカードが代表的です。半月~1ヶ月後に1ヶ月分の支払い額がまとめて口座引き落しされます。後払いの場合、購入時に持ち合わせがなくても支払いができる点が便利です。

なぜ今”キャッシュレス決済”が進んでいるのか

1.キャッシュレス・ビジョンの推進

経済産業省は「キャッシュレス・ビジョン」において、現在は20%程度のキャッシュレス決済比率を、2025年までに40%程度に引き上げることを目指すという「支払い方改革宣言」を発表しました。

日本はキャッシュレス先進国である諸外国に対して、キャッシュレス決済比率が大きく下回っています。日本でキャッシュレス決済が進まない理由としては、
・通貨に対する信頼性の高さ(偽造通貨が少ない)
・治安の良さ
・ATMの利便性の高さ

などの影響で、現金主義が根付いているためだと言われています。
キャッシュレス比率_2015
出典:キャッシュレス・ビジョン(経済産業省)より引用

一方で、
・人口減+少子高齢化による人手不足への対応
・IT・データ利活用による中小模事業者の生産性向上や地域活性化

といった社会課題の解決にはキャッシュレス決済が必要不可欠であるため、政府としても「2025年までに40%程度に引き上げる」という目標を掲げ、キャッシュレス決済の普及が進められています。

2. 訪日外国人への対応

ご存知の通り、日本では2025年までに国際的なイベントが数多く予定されています。
・2019年にはラグビーワールドカップ
・2020年には東京オリンピック
・2025年には大阪・関西万博

が開催される予定です。
60d61c2e49d04714545c6f41caaedc53_s

このようなイベントをきっかけに、海外から多くの観光客が来日することが予想されます。
日常的にキャッシュレス決済を利用している国が多い中、インバウンド(訪日外国人旅行)需要を取り込むため、キャッシュレス決済の普及は必須事項になっていると言えるでしょう。

キャッシュレス決済に合わせたシステム対応

「LINE店舗経理」ならキャッシュレス決済での支払いに対応できる「Airレジ」や「Square」などと同期ができ、さらに会計データとして自動で取引登録することができます。
キャッシュレス決済の推進の合わせて、決済サービスやクラウドPOSレジの導入を検討される際は、合わせて業務効率化できる会計ソフトを選びましょう。


LINE店舗経理 開設サポートダイヤル
0120-983-007
(受付時間:平日10:00-18:00 *年末年始除く)

LINE店舗経理 開設サポートアカウント
「LINE店舗経理」のご利用開始前に、ご利用内容に関して必要な情報をご提供し、サポートする「LINE」アカウントです。1:1トークによるお申込み相談も可能です。
(受付時間:平日10:00-18:00 *年末年始除く)

LINEfriends

LINE店舗経理へのご登録はこちら