テンプレ_決済コラム2_枠付き幅合わせ

キャッシュレス決済とは

物理的な現金(紙幣・硬貨)を使用せずに、モノやサービスの対価を支払ったり受け取ったりすることを「キャッシュレス」と呼びます。キャッシュレス決済とは「キャッシュレス」における支払い手段を指します。
「キャッシュレス決済」には“どのような決済方法があるのか”“なぜ今話題となっているのか”は下記記事をご覧ください。

「キャッシュレス決済」が進んでいる理由
テンプレ_決済コラム1_枠線つき

今回は「
キャッシュレス決済」に対応することで、事業者の業務にどのような効率化をもたらすのかをご紹介いたします。

メリット① 売上確認の効率化

紙幣・硬貨でのやり取りがキャッシュレス決済になれば、当然ながら物理的な支払いの手間を「お客さま」「レジ担当者」共になくすことができます。
さらに開店前のお釣りの準備や閉店後のレジ締め作業などの現金管理の手間も、現金の比率が減れば減るほど作業工数・時間も減少するので、自然と業務が効率化されることとなります。
こうした決済時、現金管理の効率化は、最も一般的なキャッシュレス決済導入のメリットと言えるでしょう。

しかし自身で経営を担っている小規模法人・個人事業主の方は、“その後の確認業務の効率化”にも注目すべきです。
例えば、キャッシュレス決済を導入すれば、対応する決済端末やサービス管理ツールに決済記録が自動で残りますし、連携される会計ソフトで各売上をまとめて確認することもできます。
キャッシュレス決済対応をしていれば、売上確認はすべて自動記録されたデータを元に容易に行うことができるのです。現金の場合、人が1つ1つ記録して、集計していかなければなりません。

もちろん「LINE店舗経理」では「Airレジ」や「Square」などキャッシュレス決済対応の決済端末やサービスと連携ができ、また入金される銀行口座との同期もできるので、人の手を介することなく各売上・入金がPCやスマホでまとめて確認可能です。
office-620822_1280

さらにデータ化されるという意味ではセキュリティー面におけるメリットも見逃せないところです。
キャッシュレス決済によって確実な会計記録が残ることで横領や犯罪の防止に役立ちます。仮に決済手段が「キャッシュレス決済」のみとなった場合、お金が物理的に存在しないですし、お金の動きも正確に記録されるためです。
セキュリティー面で人的なリソースをかけている場合は、その点も効率化をはかることができま

メリット② 支払い確認の効率化

実は、経費などの事業者側の支払いにおいてもキャッシュレス決済を推進することでメリットが得られます。
例えば小口現金でお金を使った場合、いつ、どのように記録されるのかが後々わからなくなってしまうケースがあったり、その結果として集計ミスが起きることもあります。それがキャッシュレス決済に支払い手段を変更すれば、データとして手戻りなく確認、集計することができます。売上同様、事業で発生する費用もデータ化していくことで間違いなく記録され、後から確認することができるのです。

加えて「LINE店舗経理」を利用すれば経費精算の申請機能がありますし、楽楽精算などの経費精算サービスとの連携もできるので、キャッシュレス決済のデータを元に効率良い経費精算業務が行えるようになります。
アプリ一覧   freee アプリストア_枠付き
※LINE店舗経理でご連携いただける経費精算サービスは、開発提供を受けているfreee株式会社「freee アプリストア」よりご確認いただけます

キャッシュレス決済で業務効率化

キャッシュレス決済の導入は単純にレジ作業が楽になるだけではなく、売上や支払いがデータ化されるメリットがあります。
入力や集計の間違いから手戻りを繰り返すのではなく、自動記録されたデータを連携・活用して確認作業をスムーズにすれば、より本業務に注力することができます。
業務効率化に向けてスマホ決済サービス「LINE Pay」、クラウド会計ソフト「LINE店舗経理」をぜひご活用ください。



LINE店舗経理 開設サポートダイヤル
0120-983-007
(受付時間:平日10:00-18:00 *年末年始除く)

LINE店舗経理 開設サポートアカウント
「LINE店舗経理」のご利用開始前に、ご利用内容に関して必要な情報をご提供し、サポートする「LINE」アカウントです。1:1トークによるお申込み相談も可能です。
(受付時間:平日10:00-18:00 *年末年始除く)

LINEfriends

LINE店舗経理へのご登録はこちら